「え!? ケツにパッド!?」 長友佑都、「衝撃を受けたフィジカルモンスター」3人激白

ドリブル対応で長友も驚嘆 「いきなり戦車が現われたような感じ」

 そして最後に挙げたのが、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(ACミラン)だ。その印象は「大きくてめちゃめちゃゴツイ」というもので、195センチの長身でありながら、卓越したテクニックを兼備する世界屈指の大型FWとして第一線で長年活躍している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 現在は38歳となったが、その存在感は今も全く薄れていない。長友はイブラヒモビッチと対戦した際のドリブル対応を思い返し、「いきなり戦車が現われたような感じ」と表現。そのインパクトは特大で、忘れられない選手の1人として選んでいる。

 日本屈指のフィジカルモンスターである長友だが、規格外の3人から“ワールドクラス”の衝撃を受けたようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング