バイエルンMF、宿敵ドルトムント戦で超絶ループ弾を”自画自賛” 「キャリア最高のゴール」

バイエルン・ミュンヘンMFジョシュア・キミッヒ【写真:Getty Images】
バイエルン・ミュンヘンMFジョシュア・キミッヒ【写真:Getty Images】

バイエルンMFキミッヒがドルトムント戦で決勝弾を挙げる

 バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFジョシュア・キミッヒは現地時間26日に行われたブンデスリーガ第28節のドルトムント戦で決勝ゴールをマークした。GKの頭上を抜く鮮やかなループシュートは事前のスカウティングから想定していた狙い通りの一撃だったことを明かし、「キャリア最高のゴール」と自画自賛した。ブンデスリーガ公式サイトがコメントを伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ブンデスリーガは先週、新型コロナウイルスの感染拡大による2カ月間の中断が明け、これが再開2試合目。ジグナル・イドゥナ・パルクでは、ドルトムントとバイエルン・ミュンヘンによる通算102回目の「デア・クラシカー」が行われた。

 優勝争いの行方を占う大一番、試合を決めるゴールが生まれたのは前半43分だった。バイエルンがパスを回して敵陣に攻め込むと、最後はキミッヒがエリアの外から右足でシュート。ふわりとした軌道を描いたループシュートがスイス代表GKロマン・ビュルキの頭上を超え、ゴール左隅に吸い込まれた。

 結局このゴールが決勝点となり、首位バイエルンが1-0で勝利を収めた。2位ドルトムントとの直接対決を制し、残り6試合で勝ち点差を7に広げた。

 殊勲のキミッヒは試合後、得点について次のように話している。

「僕らは試合前にビュルキがよくゴールラインから離れると言われていた。キャリア最高ゴール、とても重要なゴールだよ」

 バイエルンの選手たちは事前のスカウティングでドルトムントの守護神ビュルキがゴールから前に出る癖を把握しており、ループシュートはまさに狙い通りの一撃だったようだ。

 自らのゴールを自画自賛したキミッヒは「ドルトムントから大きなリードを奪った。彼らはとてもメンタル的に厳しい状況になっていると思う」とタイトル争いの上でも非常に大きな意味を持つ勝利だと語った。

 これでリーグ再開後も2連勝となったバイエルン。前人未到の8連覇に向けて順調な歩みを続けている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ