「日本は忘れていない」 元イタリア代表Jリーガーに海外再脚光「愛情と尊敬の念で記憶」

ジュビロ磐田で活躍をしたFWサルバトーレ・スキラッチ(写真はイタリア代表時)【写真:Getty Images】
ジュビロ磐田で活躍をしたFWサルバトーレ・スキラッチ(写真はイタリア代表時)【写真:Getty Images】

元磐田FWスキラッチ氏に母国メディア注目 「サッカーに別れを告げて何年も経つが…」

 Jリーグではこれまで数多くの助っ人が活躍してきた。そんななか、海外メディアは「日本は忘れていない。Jリーグはスキラッチに敬意を払った」と見出しを打ち、ジュビロ磐田でプレーした元イタリア代表FWサルバトーレ・スキラッチ氏にスポットライトを当てている。

 ユベントスやインテルなどビッグクラブに在籍したスキラッチ氏は、1990年に行われたイタリア・ワールドカップ(W杯)で6ゴールを記録し得点王に。大会最優秀選手にも輝いた。その後94年に磐田へ加入。2年目の95年に34試合31ゴールを決めるなど得点源として活躍し、97年の退団後に現役を引退した。

 そうしたなかイタリアメディア「Derby Derby Derby」は、「日本は忘れていない。Jリーグはスキラッチに敬意を払った」と見出しを打ち、Jリーグ公式ツイッター英語版がスキラッチ氏に再び脚光を当てたことに注目し、次のように記している。

「スキラッチは常にニュースを発信される運命にある。魔法の夜のヒーローはサッカーに別れを告げて何年も経っているが、日本のように遠く離れたサッカー界でも愛情と尊敬の念で記憶されている。Jリーグは94~97年にわたりジュビロ磐田のユニフォームを身につけたスキラッチに敬意を示した」

 Jリーグでのプレーを最後に、現役を引退してから23年の月日が経ったスキラッチ氏だが、日本サッカー界の記憶に刻まれる存在となっていることに母国メディアも注目していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング