「むかーしむかし」 なでしこ鮫島彩が告白、無念の「思い出」“6文字”ショット反響

INAC神戸レオネッサでプレーするDF鮫島彩【写真:井上智博】
INAC神戸レオネッサでプレーするDF鮫島彩【写真:井上智博】

データ整理のなかで懐かしの1枚を公開、中止となった沖縄旅行の思いを込めて一筆

 なでしこリーグ(日本女子サッカー)1部INAC神戸レオネッサのなでしこジャパン(日本女子代表)DF鮫島彩が、自身のインスタグラムで「思い出シリーズ」として思いがたっぷり込められた1枚を公開した。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 新型コロナウイルスの影響でシーズン開幕が延期となっているなか、ここのところ様々な整理を行っているという鮫島。24日に更新したインスタグラムでは「むかーしむかし。約10年も昔」と切り出し、1枚の写真とともにエピソードを明かしている。

 「夏に数日間オフを貰えるということで、チームメイトと予約していた沖縄旅行」と続け、当時練っていたという沖縄旅行プランを語っている。ところが、その思いは打ち砕かれてしまったようだ。「急な日程変更で行けなくなったので、そのときの気持ちを当時一筆したもの笑」と続け、無念さを筆に託してしたためたという。

 和紙に記したのは「沖縄旅行残念」の6文字。TEPCOマリーゼ時代に背負っていた「背番号九」と「鮫島彩」も添えている。その思いが前面に出ているかのような文字で、残念の二文字が心なしか際立っている。

 ハッシュタグで「#データ整理」「#懐かしの写真たち」「#思い出シリーズ」と添えた鮫島。コメント欄では「残念な気持ちが伝わりました」「見事な腕前」「感情が溢れてる」などの声が上がっており、その文字から無念さがしっかりと伝わったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング