チェルシー、伊代表MFジョルジーニョをユベントスに売却? 恩師サッリが獲得熱望

チェルシーMFジョルジーニョ【写真:Getty Images】
チェルシーMFジョルジーニョ【写真:Getty Images】

ユベントスのサッリ監督が愛弟子ジョルジーニョの獲得を望む

 チェルシーはクラブに所属しているイタリア代表MFジョルジーニョを、マウリツィオ・サッリ前監督の率いるユベントスへ売却するか、判断に迫られているという。英メディア「フットボールロンドン」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 本来、チェルシーは主力の売却を考える以上に、プレミアリーグの優勝争いをするために、どうチームを強化していくかを考えるチームだ。だが、新たな選手を連れてくるためには、現在所属しているスター選手たちが道を作る必要がある。

 フランク・ランパード監督と彼のスタッフにとって、今夏の悩みの種はジョルジーニョの処遇だ。彼は今後もクラブの主力となるのか。それとも、売却することで新たな選手を獲得する資金と起用する場所を作るべきなのか。

 ユベントスのサッリ監督は、ナポリ時代、チェルシー時代に続き、現在指揮を執っているユベントスにもジョルジーニョを呼び寄せたい考えがあるという。多くのビッグクラブにとっては良い選手を保持し続ける決断をするのは簡単だ。だが、2年前にチェルシーに加入したジョルジーニョの場合は、事情が変わってくる。彼はサッリ監督のスタイルの象徴的な選手であり、ファンからは受け入れられない時期もあった。

 それでもランパード監督の体制になってからも、レギュラーの座をつかんだジョルジーニョは、負傷も少なく、出場停止時以外はほぼ欠場することがない。監督にとっては非常に計算しやすい選手だ。

 だが、アグレッシブであり、勇敢であり、面白みも求めるランパード監督にとって、それが十分とは言えないかもしれない。2019-20シーズン、チェルシーの最高の選手はクロアチア代表MFマテオ・コバチッチであり、彼はボールを奪い、ボールを運び、創造性を持ち、味方のプレッシャーを軽減させた。それらすべてを1人でやってのけたのだ。このことからランパード監督は学び、来季以降は、よりエネルギッシュなオールラウンダーを重宝すると考えられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ