ドイツ3部日本人アナリスト、3人の監督に学んだ指導術 「空気を読めない人は…」

西ドイツ代表で活躍し、W杯優勝に導いたユルゲン・コーラー【写真:Getty Images】
西ドイツ代表で活躍し、W杯優勝に導いたユルゲン・コーラー【写真:Getty Images】

90年W杯のレジェンドが勝負の1試合で放ったカリスマ性

 ビクトリアケルンは当時の4部では強豪クラブ。特に序盤は自分たちのサッカーを前面に押し出して勝ち続けることができたため、理論的にいろいろなことを整理できたのだろう。グリュックナーにしても、プロコーチライセンス講習会で学んできたことを、どんどん引き出すことができる快感を覚えていたはずだ。

 だが、サッカーはどれだけ調子が良いからといって、そのまますべてが上手くいったりはしない。頭で分かっていることがプレッシャーによってできなくなったりということが起きてしまう。上手くいかない時にチームをどう立て直すか。理論だけでは分からないことも出てくる。

 冬の時点で勝ち点10ほど他クラブを離して独走していたビクトリアだが、終盤失速し、2位につけていたオーバーハウゼンとの勝ち点差がどんどん縮まってきてしまった。

 首脳陣は最終節前にグリュックナーを解任。そして運命の1試合のために監督となったのが、U-19監督を務めていたユルゲン・コーラーだった。1990年、西ドイツ代表(当時)をワールドカップ優勝に導いた立役者の1人だ。「世界最高のセンターバック」と称されたレジェントの一言は、選手に相当の力をもたらしたという。

「選手の話の聞き方とか、やっぱり違いますよね。『おい、ナイスプレーだぞ!』と言われるだけで、『ええっ? ユルゲン・コーラーが俺に言ってる?』みたいなのはありました。メンタルを中心に立て直してくれたと思います。人間としては本当にパーフェクトですよ。すごくいい人で、いつもポジティブ。嫌なこと、悪口を言ったりしている人もあんまり聞いたことがない。すごいエネルギーがあるし、そこはほかの監督とは違うレベルがありました」

 そのカリスマ性はある意味でドイツ屈指だろう。そして最終戦をしのいだビクトリアケルンは無事に3部昇格を果たすことができたが、コーラーはそのままU-19監督に戻ることとなった。

 クラブは生き残りをかけて自分たちに最適な監督を見つけなければならない。戦い方を分析し、最適なやり方を見出し、それを論理的に伝える能力は納得させるものがなければダメだが、コーラーにはそれがまだ足りていないというのがクラブサイドからの評価だった。プロクラブで成人チームを率いるには、現役時代の実績やカリスマ性だけではダメなのだ。

page1 page2 page3

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  5. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  6. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  7. 英記者が日本代表の4選手に低評価「ポジションを失った」「クオリティーが足りない」 エクアドル戦先発11人の採点は?

  8. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  9. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」

  10. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」