「サッカーにコートはありません」 日本サッカー黎明期の先人が大切にした“言葉の重み”

「コートは主に室内競技で明確に大きさが定められたもの」

「サッカーにコートはありません。コートは主に室内競技で明確に大きさが定められたもの。屋外でプレーする広々としたエリアのことは、ピッチとかフィールドなどと呼びます」

 今年あるトーナメントの中継で2人の大学監督が入れ替わり解説をしていたが、どちらも「コート」を連発していた。実際公共の電波に乗って誤りが放置されているくらいだから、いまだに「サッカーコート」との表現は校閲も素通りの様子で、ネットにも紙媒体にも溢れている。

 サッカーがメジャー化への一歩を踏み出そうとしていた岡野氏の時代とは異なり、業界全体が膨れ上がり責任もずいぶんと細分化された。しかし時代は変わっても、指導者や解説者が発する言葉の重みは変わらない。礎を築き、天から見下ろす先人を嘆かせてはいけない。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング