JFA、今季の「天皇杯」大会方式の大幅変更を発表 Jクラブは準決勝からJ1上位2チームのみ

今季の天皇杯の大会方式が大幅に変更に(写真はイメージです)【写真:高橋学】
今季の天皇杯の大会方式が大幅に変更に(写真はイメージです)【写真:高橋学】

新型コロナウイルスの影響を受け、3位以下のJ1チームとJ2&J3は出場なし

 日本サッカー協会(JFA)は23日、今季の天皇杯において大会方式を大幅に変更する方針を固めたことを発表した。世界的に蔓延している新型コロナウイルスの影響を受けて、J1は上位2チームのみが出場。3位以下の出場はなく、J2とJ3チームも出場しないこととなった。上位2チームは12月27日に予定されている準決勝から出場し、2021年1月1日に決勝が開催される。

 今季の天皇杯は本来、全国88チームによるノックアウト方式で5月23日、24日に開幕する予定だったが、すでに延期が決定。その後、各大会の延期や中止が相次ぎ、またJリーグのレギュラーシーズンの消化が考慮され、今季の天皇杯は、9月開幕となり、出場チームが50チームに絞られることとなった。

 今回発表されたスケジュールでは1回戦は都道府県代表32チームが出場し、9月16日に開催予定。2回戦ではアマチュアシードのHondaFC(JFL)と残りの都道府県代表15チームが加わる。準々決勝までは都道府県代表とHondaFCでトーナメントが組まれ、準決勝からJ1リーグの上位2チームが出場。決勝は例年通り1月1日に行われる予定だ。

 AFCチャンピオンズリーグ出場権は優勝チームに与えられるものの、Jリーグ以外のチームが頂点に輝いた場合はAFCクラブライセンスが未取得のため、J1クラブに振り替えられることとなる。

 今回発表されたスケジュールは以下のとおり

1回戦 9月16日(都道府県代表32チーム出場)
2回戦 9月23日(アマチュアシード、都道府県代表15チーム出場)
3回戦 10月28日
4回戦 12月12日、13日
準々決勝 12月19日、20日
準決勝 12月27日(J1リーグ2チーム出場)
決勝 1月1日

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング