ミラン黄金期FW「危険な間違い」 自身の現役時代を後悔、警鐘を鳴らす後輩とは?

パパン氏が警鐘を鳴らすルーカス・パケタ【写真:Getty Images】
パパン氏が警鐘を鳴らすルーカス・パケタ【写真:Getty Images】

自身の経験と重ね合わせMFパケタにアドバイス 「自分を卑下するのは危険」

 そして、ブラジル代表MFルーカス・パケタについて、自身のキャリアと重ね合わせてミランからの退団を希望すべきではないとの提言を行っている。

「彼にはクオリティーがあるし、昨季のプレーは良かった。ベンチスタートだからと自分を卑下するのは危険な間違いだ。私には理解できる。若い時、自分がプレーできない時に自暴自棄になった。彼にはそうなるべきでないと言いたい。その瞬間は私にとってキャリアの大きな後悔だ。私はプレーする場所を求めてミランを出たが、間違いであったし、エゴだった」

 パパン氏は1994年にミランを退団後、バイエルン・ミュンヘンに加入したが、思うような活躍ができなかった過去を持つ。その後、母国のボルドーへ渡って復活したが、ミランからの退団こそがキャリアの大きな後悔だったとして、移籍の噂もあるパケタに同じ轍を踏まないようにアドバイスを送っていた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング