「神々しい」 米美人FWモーガン、出産間近の大きなお腹を大胆露出で反響「感動的」

アメリカ女子代表のFWアレックス・モーガン【写真:Getty Images】
アメリカ女子代表のFWアレックス・モーガン【写真:Getty Images】

4月に出産予定の米FWモーガン、妊娠への「恐怖もあった」と告白

 アメリカ女子代表FWアレックス・モーガン(オーランド・プライド)は、4月に出産を控えるなか、公式インスタグラムで予定日間近の大きなお腹を大胆に露出した写真をアップした。さらに、これまで抱いていた妊娠への恐怖心を吐露するととともに、心揺さぶるメッセージを届けている。

 現在30歳のモーガンは、女子サッカー界の最強ストライカーに名前を連ねる1人だ。アメリカ代表のエースとして長らく活躍し、代表通算169試合出場107ゴールという圧巻の結果を残している。19年夏の女子ワールドカップでも6ゴールで大会得点王に輝き、チームの大会連覇に貢献。さらに今夏に予定されていた東京五輪への出場意思も表明していた。

 そんなアメリカ最強ストライカーは19年10月に第一子妊娠を発表。2014年12月31日にアメリカ人MFセルヴァンド・カラスコ(ロサンジェルス・ギャラクシー所属)と結婚し、4月に出産予定となっている。

 新たな命の誕生を間近に控えるなか、モーガンが20日にインスタグラムを更新。「変な話なのは分かっているけど、私はずっと妊娠したいと思っていた」と切り出し、胸の内を率直に打ち明けている。

「ママになる自信はなかったけど、妊娠はいつもとても美しく見えた。小さな人間の命を100%預かり、自分の体が変化していくのを感じることは夢だった。その夢の中には、健康的な妊娠ができないのではないかという恐怖、“自分の体”を取り戻すことができないのではないかという恐怖もあった。私の中のそんな恐怖心が、妊娠への情熱にさらに火をつけたのだと思う。この9カ月間は、私が抱いていた期待や予想をすべて上回るものだった」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング