レアルMFハメス、「フィットできる」新天地は? コロンビア英雄が“移籍先”に太鼓判

元コロンビア代表FWアスプリージャ氏(右)がレアルMFハメスの移籍先に助言【写真:Getty Images】
元コロンビア代表FWアスプリージャ氏(右)がレアルMFハメスの移籍先に助言【写真:Getty Images】

元コロンビア代表FWアスプリージャ氏、マンU移籍提言「マタを筆頭に良い選手もいる」

 レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、ジネディーヌ・ジダン監督の率いるクラブで出場機会が限られている。そうした現状を受け、元コロンビア代表FWファウスティノ・アスプリージャ氏が、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を進言している。スペイン紙「AS」が伝えている。

 記事では、3月31日にハメスがレアルの移籍リストに掲載されていると報道。2021年まで契約が残っているハメスだが、ジダン監督は戦力とみなしていない。契約満了を迎えれば、市場価値が8000万ユーロ(約93億円)とされるハメスを移籍金ゼロで放出することとなるため、レアルは今夏での売却を目指している。

 次のクラブを探す必要性を感じているハメスには、ユベントス、ナポリ、マンチェスター・ユナイテッド、そしてエバートンが、その動向に関心を示している。

 元コロンビア代表FWのアスプリージャ氏は、「ハメスはプレーできる場所に行くべきだ。監督が彼を必要とし、チームに居場所を与えてくれる場所だ。衝動的に求められる場所や会長が求める場所ではない。彼の能力があれば、どこでもプレーできる」とアドバイスした。そして、具体的にどこに行くべきかについても、その理由とともに説明している。

「ユナイテッドは、ハメスにとって良い場所になるだろう。彼らが最後にトロフィーを勝ち取ってから、時間が経っている。彼らは来シーズンに向けて、チームの強化に出るはずだ。ハメスと似たタイプのフアン・マタを筆頭に、良い選手たちもいる。ハメスはよりダイナミックで攻撃的だが、すぐにチームにフィットできるはずだ」と、ユナイテッドへの移籍を勧めた。

 レアルは長らくユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバを狙っていると報じられているが、今夏の移籍市場でビッグネームがスペインとイングランドを行き来することになるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング