マンU「獲得の可能性があるストライカー4人」に英注目 「これ以上ない選択肢」は?

快速ストライカー、ターゲットマンなど多種多彩 最も実績ある点取り屋が本命か

 2人目はリヨンの元U-21フランス代表FWムサ・デンベレだ。複数のプレミアリーグクラブが獲得を狙っている23歳の快速ストライカーは今季公式戦で42試合22得点と高い決定力を誇示。フルハム、セルティックと英国でのプレー経験もあるだけに適応への障害はなさそうだ。

 3人目はイガロと同じナイジェリア代表に名を連ねるリールのビクター・オシムヘンだ。21歳の新鋭は今季公式戦35試合17得点をマーク。身長186センチと高さがあり、今季リーグアンでは90分平均で4.3本のシュート、4.7回の空中戦勝利を記録していることから新たなターゲットマンとして期待できる存在とされている。

 そしてラスト4人目に上がったのがトッテナムのイングランド代表FWケイン。プレミアリーグで2度の得点王経験を持つ言わずとしれたイングランド屈指の点取り屋だ。ユナイテッドは長くケインの獲得を狙っており、スールシャール監督にとっても「これ以上ない選択肢」と記事では伝えられている。

 多種多様な顔ぶれが揃うこのリストの中から実際に移籍が実現することはあるのか。籍市場で活発な動きを見せる”赤い悪魔”に今夏も注目だ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング