英プレミアクラブ、ホームレスや高齢者施設へ食事寄付 当日スタッフに賃金支払いへ

プレミアリーグの複数クラブが様々な場所への寄付を実施(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
プレミアリーグの複数クラブが様々な場所への寄付を実施(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

新型コロナウイルスの影響で、イングランドは4月3日までの試合が延期

 イングランドでは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月3日までに予定されている全ての試合の延期が決まった。アストン・ビラやブライトン、フルハムはスタジアムで提供する予定だった食事をホームレスや高齢者施設などに寄付すると発表した。英公共放送「BBC」が報じている。

 アーセナルのミケル・アルテタ監督やチェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイなど多くの感染者が出ているイングランド。事態の悪化を受けて、4月3日までに予定されていた試合の開催は見送られた。

 プレミアリーグだけでなく、2部以下のフットボールリーグや女子スーパーリーグも対象となる。また、今月末に予定されていたイングランド代表の対イタリア戦(27日)とデンマーク戦(31日)は中止となった。

 そうしたなか、プレミアリーグのアストン・ビラやブライトン、2部フルハムは試合当日にスタッフに提供する予定だった食料を慈善団体などに寄付すると発表した。

 「BBC」によればアストン・ビラとフルハムの両クラブで合わせて1350食が、複数のホームレスの支援団体や高齢者施設などに寄付されたようだ。

 ブライトンもフルーツや野菜、サンドウィッチなどをサセックスのホームレス支援施設に提供。また、同クラブは試合延期で仕事がなくなった試合当日のスタッフに対しても、賃金を支払うと発表している。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング