ネイマール、一発退場を呼ぶ“迫真ダイブ”に対戦相手が激怒 「俳優」「演技力を見せた」

PSGのブラジル代表FWネイマール【写真:Getty Images】
PSGのブラジル代表FWネイマール【写真:Getty Images】

ドルトムントMFジャンからファウルを受け、顔を突き合わせた後に豪快に後ろへダイブ

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、現地時間11日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦ドルトムント戦(2-0)で先制点を挙げ、逆転でのベスト8進出に貢献した。殊勲なゴールや華麗なテクニックを見せた一方で、一つの“ダイブ”がドイツメディアから「俳優」だと糾弾されている。

 敵地での第1戦で1-2と敗れたPSGは前半28分、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアのコーナーキックをネイマールがダイビングヘッドで合わせて先制。同アディショナルタイムにはスペイン代表DFフアン・ベルナトが追加点を奪って第2戦を制し、2戦合計スコアで3-2と逆転してベスト8に駒を進めた。

 逆転突破に感極まり、涙を浮かべるシーンもあったネイマールだが、試合中にひと悶着あった。2-0で迎えた後半43分、ドリブル突破で右サイドを駆け上がろうとした際、ドルトムントのドイツ代表MFエムレ・ジャンとタッチライン際でデュエルとなり、倒されてファウルとなった。

 お互いににらみ合い、顔を突きつけようとするネイマールを離そうとジャンがネイマールの胸を押すような素振りを見せた瞬間、PSGの10番はピッチに尻もちをついて転倒。両チームの選手が入り乱れて一触即発となったなか、ジャンにはレッドカードが提示されて一発退場となった。

 ドイツメディア「SPORTBUZZER」は「“俳優”ネイマールがレッドカード誘発のダイブ」と見出しを打ち、問題のシーンを振り返っている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング