オランダの英雄ファン・バステン、“メッシ>C・ロナウド”を主張「再現不可能な存在」

ファン・バステン氏がロナウドとメッシの比較について自身の考えを明かした【写真:Getty Images】
ファン・バステン氏がロナウドとメッシの比較について自身の考えを明かした【写真:Getty Images】

メッシについて「50年か100年に一度の選手」と絶賛

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの比較論は、世界中で行われている。かつてアヤックスやACミランで活躍し、28歳の若さでピッチを離れるまでに3度のバロンドールを受賞した元オランダ代表FWマルコ・ファン・バステン氏も、自身の考えを明かした。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 今季、イタリア王者ユベントスで活躍を見せているロナウドを称えるファン・バステン氏だが、バルセロナのキャプテンであるメッシは、比類なき存在だと考えているようだ。

「クリスティアーノ・ロナウドは素晴らしい選手だけれど、彼がメッシ以上だと言っている人は、サッカーについて何も分かっていない。もしくは、単に悪意を持って言っているだけだ」と持論を展開し、独特の言い回しでメッシを称賛した。

「メッシは特別で、他に類を見ない、再現不可能な存在だ。彼のような選手は、50年や100年に一度しか現れないだろう。子供の時にサッカーの天才になれるツボに落ちたに違いない」

 メッシは6度、ロナウドは5度のバロンドールを受賞している。負傷のため、28歳の時にプレーした試合が現役最後の試合となったファン・バステン氏は、「私は3度のバロンドールを獲得できたけれど、28歳でプレーを終えた。30歳を超えてロナウドやメッシが今の位置にいるのは驚異的なことだよ」と、30歳を超えても世界のトップレベルで活躍を続ける両者を称えた。

 2008年にロナウドが受賞して以来、ロナウドとメッシは、過去12年で11度のバロンドールを受賞。キャリアの晩年を迎えているであろう彼らは、どこまで記録を伸ばすことになるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング