「インテル・マイアミ対インテル・ミラノ」 サッカー界で起こった商標闘争に英誌注目

ベイルのゴールパフォーマンスも商標登録問題?

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルも、サッカー界で商標闘争を引き起こした人物の一人だ。一時期、指でハートを形作ったゴールパフォーマンスが流行ったが、ベイルは2013年にそれを商標登録した。自身の背番号11と結びつけ、「イレブン・オブ・ハート」としてブランド展開を考えていたようだ。これによって、パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアなどがゴールパフォーマンを行うことで、ベイルのブランドを宣伝してしまうという自体になってしまっている。

 昨季UEFAチャンピオンズリーグを制して、ナイキ社と大型契約を締結したリバプールFCも商標を争っている。リバプールFCは「リバプール」という街の名前を商標登録しようとしたが、リバプールという都市は一サッカークラブだけのものではなく、ザ・ビートルズを生んだ街でもあることから地理的重要性が高いとして、その商標を認可されることはなくなってしまった。

 記事では、その他にもバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに関する商標、バルセロナのロゴに関する商標の闘争などを紹介している。

 米国における「Inter」闘争はどのような決着を見せるのだろうか。

>>【CL再開!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド