「インテル・マイアミ対インテル・ミラノ」 サッカー界で起こった商標闘争に英誌注目

ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミ(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミ(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

アディダス対クライフ、リバプールFC対リバプールなど サッカー界商標闘争の歴史

 元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務める米MLS(メジャーリーグサッカー)のインテル・マイアミは、その商標権を巡ってイタリアのインテル・ミラノと闘争を続けている。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」は、これまでにもサッカー界には商標を巡った争いが起こっていると、過去の例を紹介している。

 ベッカム氏が共同オーナーとなり、2018年に設立された「クラブ・インターナショナル・デ・フットボール・マイアミ」は、通称インテル・マイアミと呼ばれ、2020年からMLSに参戦することが決まった。しかし、2014年にイタリアのインテル・ミラノは、米国特許商標庁に「Inter」を商標登録していた。そのため、現在は両クラブ間でその商標を巡って法廷闘争にまで発展すると言われている。

「フォー・フォー・トゥー」誌によれば、インテル・マイアミ対インテル・ミラノ以外にもこれまでのサッカー界には商標を巡った争いが数多くあったという。

 最初に紹介されたのは、アディダス社のスリーラインについてだった。当時プーマと契約していた元オランダ代表FWの故ヨハン・クライフは、アディダス社製だったオランダ代表のユニフォームを着ることを嫌い、その象徴とも言える袖の3本ラインを引きちぎっていたという。しかし、単純な3本ラインが商標と認められることはなく、アディダス社は新しいロゴを作って商標登録することになった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  2. 48億円愛車「世界で最も高価な1台」 年俸100億円メッシ、“高級カーコレクション”に海外注目「エキゾチック」

  3. 「かっこいい」 南野拓実のモナコ移籍濃厚、新ユニフォーム着用“加工”投稿が話題「全然違和感ない」

  4. 「カッコよすぎる」 久保建英のジャケットコーデ&サングラスに称賛 私服の日本代表4人がオフ満喫「とてもおしゃれ」

  5. 「岳ちゃんの腕かな?」 柴崎岳の妻・真野恵里菜さん、久しぶりの“夫婦休日デート”報告に反響「ラブラブで良かった!」

  6. 「なんて美しい車だ!!!」 名手ベッカム、3000万円超の高級車でご満悦表情に注目

  7. 「な、な、なんと」 吉田麻也、アイドルが偶然遭遇報告で福岡アンバサダーも驚き「まじか」

  8. 「恥知らずな行動」 ソン・フンミンと“大五郎カット”、FIFA公式の合成SNS投稿に非難の声「衝撃的だ」

  9. 森保ジャパン、E-1選手権「国内組招集メンバー予想」 サプライズ候補は6人、“パリ五輪世代”U-21代表戦士も抜擢

  10. 「かっこいい」 松井大輔がイメチェン、散髪後の“ニューヘアショット”にファン「すごくイケおじ」