メッシ、”傑出したチームゴール”を呼ぶ浮き球アシストに称賛 「魔法の瞬間」「珠玉」

バルセロナFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
バルセロナFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

1点ビハインドの前半9分、絶妙な浮き球のパスでデ・ヨングの鮮烈ボレー弾を演出

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間9日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節ベティス戦(3-2)で全得点をお膳立てする“アシスト版ハットトリック”を達成。なかでも、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの同点弾を演出した浮き球のパスは、「センセーショナル」「魔法の瞬間」と反響を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前半6分にPKで失点したバルサはその3分後、カウンターからチャンスを作る。右サイドでパスを受けたメッシは、マーカーと駆け引きしながら持ち上がり、デ・ヨングが最終ライン裏に呼び出したタイミングで、左足のチップキックを選択。絶妙な浮き球のパスがゴール前のデ・ヨングに通り、オランダ代表MFは胸トラップからダイレクトボレーでネットを揺らした。

 完璧すぎる連係弾を受け、英メディア「スポーツ・バイブル」は「リオネル・メッシがセンセーショナルなアシストでバルセロナの傑出したチームゴールを演出。バルセロナの魔法の瞬間」と称賛。英スポーツチャンネル「Premier Sports」公式ツイッターは「メッシの美しいボールとデ・ヨングの素晴らしいフィニッシュ。ファンタスティック」と綴り、アルゼンチン紙「Ole」も「メッシの珠玉のパスとデ・ヨングの偉大なゴール」と報じた。

 英紙「デイリー・メール」によれば、デ・ヨングは「彼とプレーするのは簡単だよ。スペースにパスを出してくれるからね。この数試合苦しんだけど、僕のベストゲームの一つだったと思う」と不動の10番に感謝したという。

 バルセロナはその後再びリードを許したが、前半アディショナルタイムにメッシのお膳立てからスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが同点弾。さらに後半27分にもメッシのアシストから決勝ゴールが生まれ、鮮やかな逆転勝利を飾っている。「バルセロナにメッシ」を改めて誇示するゲームとなった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド