Jリーグが掲げる「小さなチェンジで、大きなチャレンジ」 今季の“判定基準”を読み解く

Jリーグは「コンタクトプレー」の基準を見直していくようだ(※写真は天皇杯のもの)【写真:高橋学】
Jリーグは「コンタクトプレー」の基準を見直していくようだ(※写真は天皇杯のもの)【写真:高橋学】

コンタクトプレーの基準を再確認し、長いスパンでの徹底を目指す

 いよいよ開幕が21日に迫ったJリーグ。日本サッカー協会審判委員会は6日、今シーズンの判定基準(スタンダード)を説明するべく『JFA Media Conference on Refereeing 2020』を開いた。JFA審判委員長である小川佳実氏、トップレフェリーマネージャーを務める扇谷健司氏などが出席。プロフェッショナルレフェリー(PR)の面々も数名交えての会となった。

 2020シーズンからJ1で採用されるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に注目が集まっていたが、司会の扇谷氏が力を入れて語ったのはVARについてではなく「コンタクトプレー」の判定基準についてだ。JFAは「正しい接触とはなにか」「サッカーのコンタクトとは」をもう一度見直すという。

 要点としては「多少の接触プレーでは恐れず、プレーを続けてほしい」ということ。以前から継続的に言われていることではあるが、扇谷氏が「接触があることを利用して倒れる選手もいる」と現状を指摘するように、まだ完全に徹底できているとは言いがたい。もちろん、守備側のラフプレーを容認するという意味ではなく、判定基準自体もこれまでとは変わらないなかで、「激しくて、フェアで、エキサイティングなリーグにしたい」(原博実Jリーグ副理事)という目的を達成するための指標となる。

 その点で不可欠となるのが、選手の理解と協力だ。審判が説明するのは容易くても、浸透には時間がかかるもの。選手向けのルール講習会だけでなく、“シーズンの半分”を目安に実際の試合を通して選手に伝えていくことになるという。イングランド・プレミアリーグに代表されるような“激しさ”を理想とするのなら、根気強く追求していく必要がありそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング