中田英寿、世界驚愕のオーバーヘッド弾&優勝弾に再脚光 古巣絶賛「史上最高の日本人」

ペルージャ在籍時(左)とローマ在籍時の中田英寿氏【写真:Getty Images】
ペルージャ在籍時(左)とローマ在籍時の中田英寿氏【写真:Getty Images】

22日に43歳の誕生日を迎えた中田氏を祝し、古巣クラブが次々のメッセージ

 元日本代表MF中田英寿氏が22日に43歳の誕生日を迎えた。古巣クラブは次々と祝福メッセージを投稿し、イタリアメディアは今でも語り継がれるゴール映像を公開。特大インパクトを残したオーバーヘッド弾や優勝決定ミドル弾に反響が広がり、古巣クラブは「史上最高の日本人の1人」と絶賛している。

 中田氏は、1995年に韮崎高校からベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)に加入。1998年にイタリア1部ペルージャに移籍した。2000年1月から2シーズンにわたって名門ローマでプレーし、その後はパルマ、ボローニャ、フィオレンティーナに在籍。イングランドのボルトン・ワンダラーズが最後の所属となり、2006年のドイツ・ワールドカップ後にスパイクを脱いだ。

 22日に中田氏が43歳の誕生日を迎え、SNS上で古巣ローマなどが一斉に祝福メッセージを投稿。またイタリアメディア「Rai Sport」公式ツイッターは、日本人MFが決めたスーパーゴールを厳選し、映像を公開している。

 映像で最初に紹介されたのは、中田氏が脚光を浴びるきっかけとなった2ゴールだ。ペルージャ移籍1年目となる1998-99シーズンの開幕戦、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)らを擁するユベントス(3-4)と対戦し、当時21歳の中田氏は2ゴールをマークして衝撃のセリエAデビューを飾った。

 また映像の最後には、98年11月の第11節ピアチェンツァ戦(2-0)で決めた驚きの一撃も収録されている。元クロアチア代表MFミラン・ラパイッチのふわりとしたFKに反応し、素早く落下地点に入り込んだ中田氏が豪快なオーバーヘッドシュートを叩き込んだ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング