日本と韓国、なぜ明暗分かれた? U-23選手権を海外分析…データで見る“3大ポイント”

U-23アジア選手権で日本代表はグループリーグ敗退に終わった【写真:Getty Images】
U-23アジア選手権で日本代表はグループリーグ敗退に終わった【写真:Getty Images】

日本は1分2敗でグループリーグ敗退、韓国は3戦全勝で決勝トーナメント進出

 タイで開催されているU-23アジア選手権で、森保一監督率いる日本代表はグループリーグ敗退に終わった一方、韓国は準決勝まで勝ち上がっており、東京五輪の出場権獲得となる上位3チームに肉薄している。大会のデータを基に、日韓の明暗が分かれた“3大ポイント”を韓国メディアが分析した。

 日本は大会初戦でサウジアラビアに1-2と敗れて黒星スタートを切ると、続くシリア戦で1-2と連敗し、早々にグループリーグ敗退が決定。第3戦カタール戦で1-1ドローに終わり、1分2敗3得点5失点の最下位で大会を終えた。

 一方の韓国は、中国に1-0、イランに2-1、ウズベキスタンに2-1と全勝し、グループリーグ3勝5得点2失点。決勝トーナメントに勝ち上がり、準々決勝でヨルダンに2-1と競り勝ったなか、22日の準決勝で東京五輪の切符を懸けて再びオーストラリアと対戦する。

「ビッグデータで見た日本と韓国」と特集を組んだのは韓国紙「京郷新聞」だ。データ分析会社「オプタ」が各試合のデータを提供しており、それを基に分析を加えている。

 記事では「グループリーグで日本と韓国の悲喜は大きく分かれた。韓国が3勝でベスト8に勝ち上がったのに対して、日本は1分2敗の最下位で脱落した。果たして、チームのパフォーマンスにどのような違いがあったのか」と記し、三つのポイントを挙げている。

 一つ目はセットプレーの違いだ。「セットプレーで眠る日本」と指摘し、「パスサッカーを好む日本は今大会セットプレーからのシュートがなかった。セットプレーを全く生かせなかった」「韓国は違った。長身FWがいるという点がオプションを増やした」と伝えている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド