“10番”食野、大会未勝利の力不足に心情吐露 「生き残りには足りない」「悔しい」

U-23代表MF食野亮太郎【写真:Getty Images】
U-23代表MF食野亮太郎【写真:Getty Images】

3試合連続出場の食野が課題を指摘「新しい顔も古い顔もないけど…」

 U-23日本代表は現地時間15日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ第3戦でカタールと対戦し、1-1と引き分けた。1勝もできずに大会を去ることになったが、唯一の欧州組として大会に参加したMF食野亮太郎(ハーツ)は試合後、「まだまだ生き残りには足りない」と反省の弁を述べている。

 すでに2連敗で大会史上初のグループリーグ敗退が決定している日本は、この日も3-4-2-1システムを採用し、食野は3試合連続の先発出場となった。前半アディショナルタイムにMF田中碧(川崎フロンターレ)が一発退場となり数的不利な状況に陥ったが、後半27分にペナルティーエリア手前でパスを受けた小川が振り向きざまに右足を振り抜き、相手DFの股を通すミドルシュートでネットを揺らした。

 先制点を奪った日本だが、後半31分にMF齊藤未月(湘南ベルマーレ)がPKを献上。これを決められて同点で試合終了となり、日本は未勝利(1分2敗)での敗退を喫した。試合後、食野は「自分としては3試合先発で使ってもらって1得点は寂しい結果で、力不足を痛感した」と開口一番に反省の弁を述べている。

「もっとチームに戻って成長しなければいけないと感じた。何が何でも勝つというところをチームとしても自分としても気持ちを込めて戦ったつもりだけど、点を取れなかったのが悔しいし、勝利につなげられなかったのはもっと悔しい。逆境に置かれた時こそ真価が問われると思う。最後の試合にも全力で取り組んだし、それが僕自身にも成長につながると思っている。この悔しい思いを成長していく糧にしたい」

 東京五輪に向け、アタッカー陣には熾烈なポジション争いが待ち受けているが、「新しい顔も古い顔もないと思うけど、結果を残してなんぼのポジションで1点は寂しいし、まだまだ生き残りには足りないと思うのでチームで成長していきたい」と改善を誓った。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング