エース小川航基、未勝利敗退の日本の“実力”に危機感 「1人少ないのは関係ない」

U-23代表FW小川航基【写真:Getty Images】
U-23代表FW小川航基【写真:Getty Images】

小川が先制点を奪うもカタール相手に1-1のドロー 大会未勝利で終焉

 U-23日本代表は現地時間15日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ第3戦でカタールと対戦し、1-1と引き分けた。1勝もできずに大会を去ることになったが、先制点を決めたFW小川航基(ジュビロ磐田)は試合後、「正直こんなに力がなかったのかと思ってしまう」と心境を吐露している。

 すでに2連敗で大会史上初のグループリーグ敗退が決定している日本は、この日も3-4-2-1システムを採用し、最前線に小川を配置した。前半アディショナルタイムにMF田中碧(川崎フロンターレ)が一発退場となり数的不利な状況に陥ったが、後半27分にペナルティーエリア手前でパスを受けた小川が振り向きざまに右足を振り抜き、相手DFの股を通すミドルシュートでネットを揺らした。

 先制点を奪った日本だが、後半31分にMF齊藤未月(湘南ベルマーレ)がPKを献上。これを決められ、1-1で試合終了を迎えた。3試合で1勝も挙げられずにタイを去ることになり、小川は試合後のフラッシュインタビューで「1人少ないのは関係ない。今は悔しい気持ちでいっぱい」と心境を吐露した。

「ああやって引いてくる相手にはミドルなど大胆なシュートが大事になると思っていた。あれは良いシーンだったと思う。(結果は)このままではいけないと思うし、正直こんなに力がなかったのかと思ってしまう。相手の勝負に対する気持ち、球際、そういうものをもっと日本は学ばなければいけないと思った」

 エースとしてチームを救うことができなかった小川は、日本の抱える課題を口にし、危機感を募らせていた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」