PSGのレオナルドSD、古巣ミランから“引き抜き”画策 主力DFロマニョーリに96億円用意

PSGはミランDFアレッシオ・ロマニョーリの獲得に動いているようだ【写真:Getty Images】
PSGはミランDFアレッシオ・ロマニョーリの獲得に動いているようだ【写真:Getty Images】

自ら発掘したブラジル代表MFパケタに続き、ロマニョーリ獲得に向けて水面下で準備

 フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツディレクター(SD)を務める元ブラジル代表MFレオナルド氏は、古巣のACミランからイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリを高額オファーで引き抜きにかかっているという。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。

 ミランは昨年12月、米MLS(メジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーとの契約が満了した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを獲得して話題を呼んだ。一方で、昨季までミランで強化責任者を務めたレオナルド氏は、その能力を知る古巣の選手たちを引き抜きにかかっているという。

 すでにレオナルド氏が発掘したブラジル代表MFルーカス・パケタには交渉の動きがあると報じられてきた。それに加え、最終ラインの屋台骨になっているロマニョーリに対しても、8000万ユーロ(約96億円)という高額オファーをちらつかせて獲得に備えているという。

 ミランは決して財政的に余裕がある状態ではないが、成績的にも苦戦。「10番」を背負うトルコ代表MFハカン・チャルハノールにも移籍の動きが報じられたばかりだ。特に、ロマニョーリは希少価値のある左利きのセンターバックという観点からも、多くのビッグクラブに注目されている。

 イブラヒモビッチを獲得したものの、主力流出の危機も迎えているミラン。昨季までの強化責任者でありクラブOBのレオナルド氏がPSGのオイルマネーを背景に見せる動きは、ミランにとって冬の移籍市場で脅威になっている模様だ。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング