リバプールの英雄、古巣の過去10年ベスト11を発表 「議論の余地はない」スター選手とは?

最前列には現在バルサで攻撃を牽引するスアレスが君臨

 注目された最前線の位置には、現在バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスを選出。嚙みつき事件など問題行動も多かったが、2013-14シーズンには元イングランド代表FWマイケル・オーウェン以来の得点王を獲得しており、堂々のベストイレブンとなっている。

 13年まで所属していたこともあり、かつてのメンバーが並ぶかと思われたが、現在リバプールでプレーする選手が9人を占める形となったキャラガー氏のランキング。当時のメンバーよりも現在のメンバーのインパクトが強く残っているようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング