「オルンガは退団へ?」 “歴史的”柏エースの移籍を母国紙指摘「別の国へのヒントを…」

柏FWオルンガは移籍の噂が浮上している【写真:Getty Images】
柏FWオルンガは移籍の噂が浮上している【写真:Getty Images】

今季27ゴールを記録したオルンガ、日本を去る可能性も? 「関心を抱いてくれているクラブは複数ある」

 柏レイソルのケニア代表FWオルンガは今季リーグ戦27ゴールを記録し、J2優勝に貢献した。最終節の京都サンガ戦(13-1)ではJリーグ最多記録となる8ゴールを決め、日本サッカーに強烈なインパクトを残しているが、今季限りで退団する可能性を母国メディアが伝えている。

 2018年夏に柏へと加入したオルンガは昨季チームが降格の憂き目に遭うも残留を決断すると、J2の舞台で爆発的な得点力を見せつける。象徴的だったのが最終節の京都戦で、圧倒的なフィジカルを生かしたゴールラッシュで8得点を記録し、Jリーグの歴史に名を刻んだ。

 J1復帰を果たす来季もチームの得点源として期待が懸かるなか、柏にとっては雲行きの怪しい情報が出ているようだ。ケニア紙「デイリー・ネーション」は「オルンガは柏退団へ向かっている?」と見出しを打ち、「オルンガが来季、別の国のリーグへのヒントを残した」と伝えている。

 オルンガ本人のコメントも紹介しており、「シーズンで27ゴールを決めたことで何を期待するかって? もちろん僕に関心を抱いてくれているクラブは複数あるし、水面下で調理しているところだよ。ニュース解禁を待とうじゃないか(笑)」と移籍を示唆していることを紹介している。

 一方で、「僕は完全移籍するまでは、柏の選手だ。このクラブと日本の生活を楽しめているのは間違いないよ。来たるその時を待とうじゃないか」と、柏と日本に対しての愛情を示すことも忘れなかった。果たしてオルンガを来季も日本で目にすることができるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング