2019年「スポーツチーム平均年俸ランク」発表 サッカーの名門クラブがトップ3独占!

サッカー界のビッグクラブがランキング上位を独占した【写真:Getty Images】
サッカー界のビッグクラブがランキング上位を独占した【写真:Getty Images】

栄えある1位はメッシ擁するバルセロナ “銀河系”のレアルが2位で続く

 世界で最も平均年俸が高いスポーツチームはどこなのか。英国のリサーチ会社「スポーティング・インテリジェンス」が2019年の調査結果を発表し、米プロバスケットボールリーグ(NBA)などの他競技を抑えて、スペイン2強のバルセロナとレアル・マドリード、イタリア王者ユベントスがトップ3を独占している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前年の調査に続く1位はバルセロナだ。平均年俸額は1228万4555ドル(約13億5000万円)だという。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシをはじめとするスター軍団は、世界各国のプロスポーツすべてのなかでトップ。そして、レアルが1115万4692ドル(約12億2000万円)で続き、“銀河系”の面目躍如といったところか。

 そして、ユベントスは前年の9位から3位にジャンプアップし、1010万6647ドル(約11億1000万円)となった。昨年にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得で一気に平均年俸額が跳ね上がったが、今季もオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの獲得などで年俸が高騰したようだ。レポートでは「サッカークラブがNBAチームを“表彰台”から追いやった」とも特筆されている。

 ここからNBAが8チーム続いて12位にフランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)が893万4420ドル(約9億8000万円)でランクイン。イングランド・プレミアリーグ王者マンチェスター・シティが873万4375ドル(約9億6000万円)の13位で、ドイツ王者バイエルンは811万9896ドル(約8億9000万円)で22位となった。欧州5大リーグのトップクラブは相応の年俸額が選手にも支払われている。

 一方で、リーグ内の“格差”に着目してみると、スペインでは2強に次ぐクラブはアトレチコ・マドリードの703万9205ドル(約7億7000万円)だが、その次のバレンシアでは312万3873ドル(約3億4000万円)まで下がる。つまり、バルセロナは1人あたりの年俸がバレンシアの4人分に相当することになり、年俸の格差はハッキリしている。そして最下位のオサスナは45万2806ドル(約5000万円)とされ、極端に言えばスタメン11人の合計でもアトレチコの1人分にも達しない状態だ。

 また、セリエAとフランス1部は上記の両チームが“1強”状態を続けているが、セリエA全体の2位ローマは449万2903ドル(約5億円)で、ユベントスの半分以下という格差がある。また、フランスの2位はモナコで283万7450ドル(約3億1000万円)と、PSGの3分の1以下という大きな差が生まれている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」