なでしこ美人GK、「21歳になりましたー」の6枚公開も自虐 「安定のクリボッチ」

21歳になったINACのGKスタンボー華【写真:(C)INAC KOBE】
21歳になったINACのGKスタンボー華【写真:(C)INAC KOBE】

INAC神戸に在籍するGKスタンボー、SNSで“21歳誕生日投稿”

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部INAC神戸レオネッサに所属するGKスタンボー華が自身の公式インスタグラムを更新し、「21歳になりましたー」と6枚の写真を公開した。「安定のクリボッチ」と自虐の一言を添えた一方、ファンからは「日本代表になってください」「美人さん」などの声が上がっている。

 アメリカ人の父と日本人の母を持つスタンボーは、2017年からINACに在籍。18年のU-20女子ワールドカップでは“ヤングなでしこ”の守護神としてゴールを守り、ビッグセーブでチームを救うなど世界一に大きく貢献した。

 175センチの大型GKとして将来を嘱望されるなか、所属するINACでは熾烈なポジション争いを展開。GK武仲麗依やGK田尻有美ら先輩たちと日々、切磋琢磨を続けながら高みを目指している。

 今季は6月29日のリーグカップ・伊賀FCくノ一戦(1-1)にフル出場。今季はコンスタントにベンチ入りするも、公式戦の出場は1試合のみ。試合後、鈴木俊監督は「今日試合に出場して感じたことを普段の練習で意識しながら取り組んでくれたら、まだまだよくなると思います」と語り、今後の伸びしろに大きな期待を寄せていた。

 そんなスタンボーが24日に21歳の誕生日を迎え、自身のインスタグラムを更新。ハートマークの絵文字付きで「21歳になりましたー」と記し、「背番号とおんなじ21ってなんかいい感じですよね」と続けている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング