韓国戦2日前の「準備」と「完敗」 劣勢生んだ“人選ミス”ともがくように闘った1人の選手

韓国戦で途中出場となったMF大島僚太【写真:Yukihito Taguchi】
韓国戦で途中出場となったMF大島僚太【写真:Yukihito Taguchi】

大島のいない前半が「どうにもならなかった」のは事実

 案の定というか、韓国の速いプレスの前に、日本は練習の時のようなパスワークはできなかった。当然、クサビも満足に打ち込めない。たまに入っても収まらない。

 練習でやっていたのは「形」だけだった。その形を実現するための練習はしていない。もちろん、そんな時間は代表にはないわけだ。コンセプトの一部として「形」だけでも意識させておくのは、長期の代表強化において必要である。しかし、それを直近の韓国戦の「準備」とするのは無理だった。大迫勇也でもいない限り成立しそうもない。この形に血を通わせられるのは大島しかいないのに、その大島の名前が先発になかった。

 大島が先発していても、前半の韓国のプレスはかわせなかったかもしれない。ただ、大島のいない前半がどうにもならなかったのは事実である。

 試合後、森保一監督が「プレッシャーのかかったなかで、自分の良さやチームのコンセプトを勇気をもってチャレンジできる選手が分かった」と話している時、真っ先に頭に浮かんだのは田中碧だった。大島のいない中盤で、時に鋭い縦パスを通し、時にミスをし、奪われてはいけない場所でロストしながら、歯を食いしばるように奮闘していた。準備も人選も失敗し、力不足を痛感しながらも前へ進もうとした選手たちが報われる日が来るのなら、この試合も意味のあるものになるかもしれない。

page1 page2 page3

西部謙司

1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング