日本代表、“日韓戦”に0-1敗戦 韓国が逆転でE-1選手権3連覇…男女ダブル制覇を逃す

日本代表はアウェー“日韓戦”に0-1敗戦【写真:Getty Images】
日本代表はアウェー“日韓戦”に0-1敗戦【写真:Getty Images】

後半ペースを握るも決め手欠き惜敗、3大会ぶり2回目の優勝ならず

 日本代表は18日、韓国・釜山で開催されているE-1選手権の最終戦で韓国代表と対戦し、前半28分の先制点を挽回することができずに0-1で敗戦。2013年以来3大会ぶり2回目の大会制覇を狙ったが、韓国に逆転での3連覇を許した。

 引き分け以上で優勝が決まる開催国との対戦に、日本の森保一監督は初戦の中国戦(2-1)に先発したメンバーを中心にセレクト。負傷離脱したMF橋本拳人の代わりに、MF田中碧がボランチで起用され、システムは中国戦、香港戦(5-0)と同様の3-4-2-1が採用された。

 日本は最終ラインからボールをつないで前進する意図を見せたが、ボール際での韓国の寄せに手を焼く立ち上がりになった。そうしたなか最初の決定機をつかんだのは韓国だった。前半9分、コーナーキックからDFキム・ミンジェにフリーでのヘディングシュートを許したが、ボールはクロスバーを直撃して日本は先制点のピンチを逃れた。

 その後も日本はボールコントロールが乱れた瞬間に奪われてカウンターという難しい試合展開になり、同25分には再びコーナーキックから相手と競り合ったDF畠中槙之輔の頭に当たったボールがゴールポストを直撃するなど、ピンチが多いなかで時間が進んでいく。

 そして同28分、ゴール正面でボールを受けたMFファン・インボムが左足に持ち替えたところ、日本は4人が距離を詰めに行ったがミドルシュートはその間を通過。そのままゴール左隅に吸い込まれ、先制点を奪われた。その後もなかなかリズム良く相手ゴールに迫っていく状況を生み出すことはできず、苦しい試合展開のまま前半は終了した。

 森保監督は後半からMF遠藤渓太に代えてMF相馬勇紀を投入し、左サイドに手を加えた。しかし、カウンターに手を焼く戦況に変化が訪れないなかで、同17分にはMF井手口陽介に代えてMF大島僚太をピッチに送り、ダブルボランチを川崎フロンターレのコンビに託した。

 しかし、交代の効果はそれほどピッチ上から感じられず、狙いとなるボール保持率を高めて相手を敵陣に押し込んでいく状態には持ち込めず。逆に日本は、ボール際やポジション争いのところでファウルをして自らリズムを崩していった。

 森保監督は同33分に“切り札”としてMF仲川輝人を投入したが、決定機と言えるようなチャンスは生み出せず。複数失点こそ免れたものの、そのまま0-1で敗戦。2勝1敗とした日本は韓国に逆転優勝を許し、2大会連続の2位。前日に3戦全勝での優勝を決めたなでしこジャパン(日本女子代表)に続く男女ダブル制覇を逃した。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング