日本代表、アウェー“日韓戦”で劣勢 韓国MFの強烈ミドルで失点、0-1で後半へ

日本代表は前半を0-1で折り返した【写真:Getty Images】
日本代表は前半を0-1で折り返した【写真:Getty Images】

クロスバーとポストに二度救われるも耐えきれず、ファン・インボムに決められ失点

 日本代表は18日、韓国・釜山で開催されているE-1選手権の最終戦で韓国代表と対戦し、前半28分に先制点を奪われるなど劣勢を強いられ、0-1でハーフタイムを迎えた。

 引き分け以上で優勝が決まる開催国との対戦に、日本の森保一監督は初戦の中国戦(2-1)に先発したメンバーを中心にセレクト。負傷離脱したMF橋本拳人の代わりに、MF田中碧がボランチで起用され、システムは中国戦、香港戦(5-0)と同様の3-4-2-1が採用された。

 日本は最終ラインからボールをつないで前進する意図を見せたが、ボール際での韓国の寄せに手を焼く立ち上がりになった。そうしたなか最初の決定機をつかんだのは韓国だった。前半9分、コーナーキックからDFキム・ミンジェにフリーでのヘディングシュートを許したが、ボールはクロスバーを直撃して日本は先制点のピンチを逃れた。

 その後も日本はボールコントロールが乱れた瞬間に奪われてカウンターという難しい試合展開になり、同25分には再びコーナーキックから相手と競り合ったDF畠中槙之輔の頭に当たったボールがゴールポストを直撃するなど、ピンチが多いなかで時間が進んでいく。

 そして同28分、ゴール正面でボールを受けたMFファン・インボムが左足に持ち替えたところ、日本は4人が距離を詰めに行ったがミドルシュートはその間を通過。そのままゴール左隅に吸い込まれ、先制点を奪われた。その後もなかなかリズム良く相手ゴールに迫っていく状況を生み出すことはできず、苦しい試合展開のまま前半終了。後半に向け、森保監督とチームがどのような修正を図るのかにも注目が集まる。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング