「メッシと比肩するスキル」 サラー、華麗な“逆足カーブ弾”を英称賛「衝撃を与えた」

リバプールがサラーの2得点でワトフォード撃破【写真:Getty Images】
リバプールがサラーの2得点でワトフォード撃破【写真:Getty Images】

リバプールがサラーの2得点でワトフォード撃破 「メッシを彷彿させるフィニッシュ」

 リバプールは現地時間14日、プレミアリーグ第17節ワトフォード戦で2-0と破竹の8連勝を飾った。エジプト代表FWモハメド・サラーが鋭い切り返しから決めた華麗なコントロールショットを、英メディアは「非常に美しく精巧なフリック」「メッシを彷彿させるフィニッシュ」と称賛している。

 ザルツブルクの日本代表MF南野拓実の獲得が目前に迫っていると取り沙汰されているリバプールは、エースが魅せる。0-0で迎えた前半38分、カウンターでペナルティーエリア左手前に抜け出したサラーがスルーパスを受け、鋭い切り返しで相手DFを振り切る。そして、綺麗な弧を描く右足の一撃をゴール右上に突き刺した。

 得意の左足とは逆足で決めた華麗なコントロールショットに、英メディア「GIVE ME SPORT」は「サラーが輝かしいカーブの一撃」と取り上げ、「非常に美しく精巧なフリックからカーブの一撃を生み出した」と伝えている。

 また、英紙「デイリー・エクスプレス」は「サラーがメッシと比肩するスキルでアンフィールドに衝撃を与えた」と見出しを打ち、「メッシを彷彿させるフィニッシュ」と称賛している。

 開幕から無敗(16勝1分)を維持し、首位を独走するリバプールは、勢いを持ってFIFAクラブワールドカップ(W杯)へ参戦する。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド