森保J、“大幅入れ替え”で注目すべきポイントは? 2シャドーに求められるプレーを考察

「シャドーだろうがウイングだろうが…」 仲川は特長を出し切ることに意欲

 もちろん、森保監督もそうした面を百も承知のうえで、彼らを送り出すという決断になるはず。見方を変えれば、完璧な状況ではないなかでも、独自の特長を発揮することでチームに貢献できるのか。常に長い準備期間が取れるわけではない代表チームの一員として、今後を見据えても必要な要素とも言える。

 仲川なら前を向いた時のドリブルや高い得点力、田川なら身体能力を活かした推進力など、攻撃面での魅力は他の選手が持ち得ないもの。横浜FMではウイングが主戦場の仲川は「3人目の動きというのは意識しながら練習もできている」としつつ、そのなかでも自らの特長を出していくことに意欲的だ。

「シャドーだろうがウイングだろうが、自分が点を取る時は結構ボックス内に入っている。受けたところがボックス内なら自分は変わらず仕掛けていくし、自分のシュートまでの形を上手く作れればいい」

 戦術上、求められるプレーは当然ある。守備面でもプレッシャーの行き方やタイミングなど、一般的な4バックでの形とは当然ながら違うだけに、難しさもあるはずだ。ただ、そこに気を取られて本来の良さを消すのではなく、得意な形を出せる局面を見極め、特長を発揮することが第一になるだろう。強烈な“個”を持つ前線の選手だけに、なおさらだ。

 また、油断は禁物だが、現時点では第3戦の韓国戦が事実上の“優勝決定戦”となる可能性は高い。森保監督は「1戦目、2戦目でしっかり見て、それから第3戦のメンバーを決めていきたい」と語っており、そこに向けたアピールという要素もある。得点やアシストという結果、あるいは攻撃を牽引する存在感によって、アピールに成功するのは誰か。香港戦での“見どころ”の一つとしたい。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(片村光博 / Mitsuhiro Katamura)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  5. 最新FIFAランキング発表! 日本は24位で変動なし、スペインが7位に後退…ドイツは11位、コスタリカは31位

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  8. 浦和モーベルグ妻、ミニ丈ワンピで銀座出没に反響 珍しいパールピンク壁前で報告「美しい」「めっちゃ可愛い」の声

  9. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  10. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛