クロップ監督、南野拓実へ“視線”を送るリアクションに脚光 「移籍金額を知った時…」

リバプールのクロップ監督(左)とザルツブルクの南野【写真:Getty Images】
リバプールのクロップ監督(左)とザルツブルクの南野【写真:Getty Images】

豪快弾を決めた南野に対し、目を細めながら静かに頷く姿に注目

 ザルツブルクの日本代表MF南野拓実は現地時間12日、リバプールへの移籍で合意に至ったことが英国内でこぞって報じられているが、英メディアはホームで無類の強さを誇るリバプールを相手に豪快なダイレクトボレー弾を叩き込んだ際に、ユルゲン・クロップ監督が目を細めながら南野を見つめる瞬間の映像に脚光を当てている。

 ザルツブルクで6シーズン目を迎えている南野だが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで欧州王者リバプールを相手に圧巻のパフォーマンスを披露し、世界を驚かせた。英紙「インディペンデント」はリバプールが違約金の設定額である725万ポンド(約10億4000万円)を支払うことで南野獲得の合意に至ったことを報じ、英国内では一気に加入のニュースが飛び交うことになった。

 そんななか、衛星放送「BTスポーツ」は「南野拓実がたった725万ポンドという移籍金額で獲得できることを知った時…」と文章を添えると、CL第2節の対戦でクロップ監督が見せた表情に注目。要塞アンフィールドで南野が豪快なボレー弾を叩き込んだ瞬間、クロップ監督は失点に口を尖らせるも、殊勲の活躍を披露する南野に対し、目を細めながら興味深そうに視線を移し、静かに何度も頷く姿が収められていた。

 南野が与えた強烈なインパクトにより、この試合以降にクラブに獲得を進言する声が続出していたが、クロップ監督も当時から“スカウト視線”で南野を見つめていたのかもしれない。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド