「ライバルの動向は関係ない」 小川航基、激しい競争でもブレない“持論”「いつも敵は…」

日本代表FW小川航基【写真:Football ZONE web】
日本代表FW小川航基【写真:Football ZONE web】

14日のE-1香港戦でスタメンの可能性 FW陣の競争では“自分自身との戦い”を強調

 森保一監督率いる日本代表は韓国・釜山で開催されているE-1選手権に参加し、10日の初戦では中国を2-1で下した。中国戦で出番のなかったFW小川航基(水戸ホーリーホック)は「何かしらのインパクトを残さないといけない」と語り、ストライカーとして結果にこだわっていく姿勢を打ち出している。

 日本は今大会に国内組のみのメンバーで臨み、小川を含む23人中14人が22歳以下の東京五輪世代の選手とフレッシュな顔ぶれとなった。中国戦では3-4-2-1システムを採用。試合序盤は苦しんだが、前半29分にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)で先制すると、後半25分にはDF三浦弦太(ガンバ大阪)のゴールで加点。終盤に1点を返されたものの、重要な初戦で勝ち点3を手にしている。

 先手を取る展開だったこともあり、点取り屋の小川に出番が巡ってくることはなかったが、中国戦のメンバーは試合後2日連続でリカバリー中心。中3日で迎える14日の香港戦では先発出場の可能性が高まっている。待望の出場機会に向けて、小川は「何かしらのインパクトを残さないといけない」と危機感を露わにし、結果への意欲を隠さない。

 一方で、中国戦で先発フル出場したFW上田綺世(鹿島アントラーズ)らライバルたちを意識し過ぎることもないという。「自分が入った時に(というイメージで)綺世の動きは見ていましたけど」と前置きしつつ、「いつも敵は自分だと思っています」と理由を明かす。

「他の選手がどうだとかじゃなくて、まず自分がどれだけ準備できて、どれだけ結果を残せるかというところ。ライバルの動向は関係ないと思います」

 今回のE-1選手権だけでなく、来年の東京五輪に向けたU-22代表での争いも熾烈なものがある。今大会でFW登録となっている3選手は、全員が東京五輪世代。競争が激しいなかでも“自分自身”にフォーカスし、小川は香港戦での結果に邁進していくつもりだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(片村光博 / Mitsuhiro Katamura)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド