南野拓実の「警戒レベル」上昇 CL王者リバプール戦で異彩、秀逸だった“体の使い方”

南野拓実は世界最高DFといわれるファン・ダイクに対して臆することなくプレーした【写真:Getty Images】
南野拓実は世界最高DFといわれるファン・ダイクに対して臆することなくプレーした【写真:Getty Images】

CLの舞台に臆することなく「僕も全然やれるという手応えもあった」

 こうした南野の動きに対して、リバプールの選手は慎重に対応するようになっていく。興味深かったのは、後半9分のシーンだ。

 自陣からのロビングボールを、左サイドに流れながら追いかけていた南野は、走りながらチラッと振り返って背走してくるDFフィルジル・ファン・ダイクを確認していた。ボールを足もとに収めると、入れ替わるようにスペースに抜け出ようとしていたDFアンドレアス・ウルマーへのヒールパスを狙ったのだが、ファン・ダイクはこれにスッと足を伸ばしてカットした。

 南野が自分との距離感をしっかり確認したことから、次のプレー予測の選択肢を広げていた。優れたDFはこうした時に迂闊に飛び込まず、ヒールパスのほかにもトラップしてターン、あるいはボールをスルーさせるなど、より怖いプレーをさせないための優先順位を瞬時に作り上げる。後半、このプレー以外でも南野のプレーが抑え込まれる場面があったが、リバプールの選手はアプローチの段階でしっかりと修正してきていた。

 これは同時に、南野への“警戒レベル”が上がったからこその対応・修正だったと捉えられる。力任せにプレスをかけてもいなされたり、パスの出口を見つけられてしまうから、より慎重な守り方へと移行していた。

 加えて後半のザルツブルクは失点のショックもあったとはいえ、ダイナミックさが消えてしまったこともあり、リバプールに対して攻撃の形がなかなか作れなくなってしまう。前半であれば入っていたパスが通らない。一発勝負のプレーが多くなり、裏へ飛び出す動きばかりを見てしまい、中盤でフリーの南野が目に入らなくなる。チームとしても、そして南野個人としても、そうなった後どうするのかという宿題を持ち帰ることになった。

「CL出ているチームって、モチベーションとかにもよると思いますけど、そこまでそんな差はないと思う。僕も全然やれるという手応えもあった。でもどうですかね、そこでチャンスを決めて、アシストかゴールを残したら、そう言えたかもしれないですけど、結果は出せなかったんで。満足せず、やっていけたらいいなと思います。そういうレベルですし」

 自身のパフォーマンスについて、南野はそう答えた。やれたことはたくさんある。収穫は多い。でも、ここからさらに上へ行くためには、まだ足らないものがあることも見えてきた。

 次に向けて歩き出す――。CLでのプレーは、この6試合で終わりにするつもりはない。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング