南野拓実の「警戒レベル」上昇 CL王者リバプール戦で異彩、秀逸だった“体の使い方”

リバプールMFヘンダーソンと競り合う南野拓実【写真:AP】
リバプールMFヘンダーソンと競り合う南野拓実【写真:AP】

【現地発コラム】強豪リバプール相手にも球際で軸がブレず、トップ下でチャンス創出

 日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは現地時間10日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節で昨季王者リバプールに果敢に立ち向かった。前半はほぼ互角の展開。前線からの激しいプレスは機能し、素早い攻撃で決定機を次々に作り出す。だが後半、冷静に得点チャンスを逃さずにゴールを重ねたリバプールが、最終的に2-0で勝利し決勝トーナメント進出を決めた。ザルツブルクは健闘及ばずグループEの3位となり、UEFAヨーロッパリーグ(EL)へ回ることになる。

「僕らが前半に1点取っていれば、まったく違う試合展開になっていたと思うし、もしかしたら僕らのエネルギーも後半まで続いたんじゃないかなと思います。後半で仕留めるか、前半で僕らが1点取るか……。ゲームプランは理想を言えばそうでしたけど、でもそれができなかったんで。それは相手のほうが強かったのかなと」

 リバプール戦後、南野はそう試合を振り返った。

 惜しいチャンスまでは持ち込むことができていただけに、そのどれかを決めることができていればと思わずにはいられない。前半をリードして折り返していてもおかしくないほどのパフォーマンスを、ザルツブルクは見せていたのだ。そしてその中でも、特に異彩を放っていたのが南野だった。

 中盤ダイヤモンド型のトップ下でスタメン出場すると、すぐに攻撃のタクトを振るっていく。相手がマークに来られないスペースに顔を出し、フリーの南野を見つけると味方選手はすぐにボールを預けて走り出す。相手がボールを奪いにきても、全くボールを失わない。細かいボールタッチを繰り出すために、相手選手も迂闊に飛び込めないし、体をぶつけられても軸がぶれない。

 何より体の使い方が素晴らしい。

 以前は体重移動の際に少し踏み込みすぎてしまい、次の動作に移るまでに少なからずタイムロスがあった。そこで相手にぶつかられたりすると重心を崩し、つぶされる要因となるわけだが、今はこのあたりの体の使い方が非常にスムーズだ。一度浮き球の競り合いで、体を押さえつけてマイボールにしようとしたリバプール主将MFジョーダン・ヘンダーソンに対して、すっと体を入れ替えて落下点に入り込み、ボールをキープしてしまったシーンがあった。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング