「久保はメッシに似ている」 マジョルカMFが“類似性”に言及「いろいろな違いはあるが…」

マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

下部組織時代にメッシとプレーしたMFペドラサ、久保は「試合を決めることができる」と称賛

 日本代表MF久保建英の所属するマジョルカは、現地時間7日にリーガ・エスパニョーラ第16節バルセロナとのアウェー戦に臨む。バルセロナの下部組織出身で、“古巣”との対戦となる久保についてマジョルカの同僚が言及。「久保はメッシと似ている」と世界的スターとの類似性を語っている。

 久保は2011年から15年まで、バルサの下部組織“ラ・マシア”に所属。その後、クラブが18歳未満の外国籍選手獲得・登録の違反により公式戦出場停止の処分を受けたため帰国した。FC東京の下部組織を経て17年にトップデビューを果たし、J1リーグで輝きを放つようになるとバルサ復帰の噂も浮上したが、18歳となった今年6月、レアル・マドリードへの完全移籍が発表された。そして現在は期限付き移籍先のマジョルカで研鑽を積んでいる。

 そんな久保について、スペイン紙「スポルト」は「(マジョルカの)プレースタイルに新鮮な風を吹き込み、試合の決定的な存在になりつつある」としたうえで、チームメートであるMFマルク・ペドラサのラジオ局「カデナ・コペ」でのコメントを紹介。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの類似性に触れている。

「いろいろな違いはあるが、メッシに似ている。ボールを持てば試合を決めることができる。ペナルティーを誘発したり……。ビッグクラブの選手になるだけの条件を持ち合わせている。適応期間の後、調子をつかんでいるところだね」

 久保と同様に、ペドラサもバルセロナの下部組織出身。エスパニョールの下部組織に移るまで、少年時代をメッシとともに過ごした。インタビューでは、子供の頃からメッシからボールを奪うのは不可能だったと明かしている。

「メッシは幼い頃からとんでもない存在だった。今までに(プロとして)見せてきたものを、当時から持っていた。ボールを取られずにドリブルする姿とかね。タックルしても彼からボールを奪う方法はなかった。プレーしながら僕らを笑い、ボールと一緒にやりたいことをやっていた」

 久保とメッシの両者をよく知るペドラサだからこそ、その発言には重みがある。「似ている」とされた久保は、“本家”メッシと相まみえる一戦でどのようなプレーを見せるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング