「自分が一番シュート上手い」 3戦連発中の宇佐美貴史、輝きを取り戻した理由を自ら“解説”

宇佐美が輝きを取り戻した理由に迫る【写真:Getty Images】
宇佐美が輝きを取り戻した理由に迫る【写真:Getty Images】

今夏G大阪に復帰した宇佐美、リーグ3戦連発と絶好調

 ガンバ大阪FW宇佐美貴史が、“復活”を遂げている。10月からの出場した公式戦6試合6得点で、現在3試合連続ゴール中。特に11月に行われた第30節湘南ベルマーレ戦(3-0)の2発と第31節大分トリニータ戦(1-2)は、「This is 宇佐美貴史」というような精度の高いシュートで決め切った。リーグ終盤戦に差しかかって好調を維持する要因はどこにあるのか。大阪府吹田市内で練習に励む宇佐美を直撃し、輝きを取り戻した理由、高難度のシュートについて、宇佐美自らが“解説”した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 誰もが宇佐美の“帰還”を確信した。

 11月3日の湘南戦、1-0で迎えた前半アディショナルタイム。中央でMF矢島慎也とのパス交換から徐々に加速すると、左のMF遠藤保仁へパス。遠藤が再び宇佐美へ返し、ペナルティーエリア内で持つと、DFを1人かわして小さな振りで強烈な弾道のシュートを突き刺した。さらに、後半5分には自陣からのクリアボールを相手と競り合いながら拾うと、ドリブルで約25メートル突破。今度は左サイドから、再びほとんどモーションのないコンパクトな左足の振りでファーサイドに決めた。

 思わず「シュート上手い……」という言葉が漏れてしまうような2発。宇佐美としては、2ゴールとも「狙い通り」だったようだ。

「ヤットさん(遠藤)が返してくれたのがすべて。コースとかシュート、ヤットさんが返してくれた以降は狙い通り。慎也とボール交換している時はイメージなかったけど、相手の表でボール回しているから『そろそろ真ん中にぐんっと進んでいきたいな』という時にヤットさんがふわっと来てくれたから、出したら返してくれて、狙い通り」

 “宇佐美劇場”はこれだけで終わらない。2点目、左足でのシュートはファーサイドへの一撃。毎日、居残りでシュート練習を行い、20~25本打ち込む。練習を重ねるなかで、左サイドから左足のシュートはニアサイド、ファーサイドを絶対に決め切る。児玉新コーチと対峙する形、当たり、振りを細かくチェックしながらイメージを思い描く形、何本も何本も確認する。湘南戦の2点目は“練習通り”だった。

「ちょっとファウル気味かなと思ったけど、1対1で。アデ(アデミウソン)はちょっと見えたけど、アデが見えた時はパスすんの遅いと思った。縦に突破して、アデ(にパス)かなという選択肢を加えたなかで、打ったら入ると思った。左足でも振れば入ると思った。1点目はニアやったから。(練習では)あそこ(ファー)とニアは絶対。むしろニアのほうがフィーリングはめっちゃいい。ニアにズドン。大分戦は練習終わった後のシュート練習では何十本と決めてるような形やった。縦に突破して近いほう」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」