サラーの“東京行き”でリバプールに対立勃発? 「クロップと衝突路線へ」と英紙注目

東京五輪出場の可能性が浮上したリバプールFWサラー【写真:Getty Images】
東京五輪出場の可能性が浮上したリバプールFWサラー【写真:Getty Images】

エジプトの東京五輪出場決定により、サラーはオーバーエイジ枠での参戦の可能性が濃厚に

 U-23エジプト代表は現地時間22日、U-23アフリカネーションズカップ決勝でU-23コートジボワール代表と対戦し、延長戦の末に2-1で勝利を収め、優勝を達成した。決勝進出時点で東京五輪の出場権を獲得したわけだが、オーバーエイジ枠でリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー招集の可能性が高まっていることで、英紙はリバプールとの間で対立が勃発する可能性を指摘している。

 エジプトは19日に行われたU-23アフリカネーションズカップ準決勝の南アフリカ戦に3-0で勝利し、東京五輪出場が決定。勢いそのままにコートジボワールとの決勝も2-1で制し、アフリカ王者に輝いた。一方、早くもオーバーエイジ枠の選出に注目が集まっており、母国の英雄であるサラーの参戦が取り沙汰されている。

 しかし、英紙「ザ・サン」は「リバプールのスターが東京五輪参戦を見据えることで、サラーはクロップと衝突路線へ」と見出しを打って報じ、サラーが東京行きを望んでいることを伝えている。五輪参戦が決定した場合、来季の序盤戦で欠場を余儀なくされることから、ユルゲン・クロップ監督と意見が対立する可能性を指摘している。

 2017年にリバプールへと加入したサラーは2年連続で得点王に輝き、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇にも大きく貢献。エースとしての座を確固たるものとしているが、それだけに来季序盤戦の欠場をクラブが容易に受け入れることは難しいのかもしれない。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング