「多くの良い監督がいるが…」 リバプールFWがクロップ監督を絶賛「世界最高」

リバプールのクロップ監督、セネガル代表FWマネ【写真:Getty Images】
リバプールのクロップ監督、セネガル代表FWマネ【写真:Getty Images】

セネガル代表FWマネ、リバプールをCL制覇に導いたクロップ監督について言及

 リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネが、昨季に同クラブをUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇に導いたユルゲン・クロップ監督について、「世界最高のマネージャー」と称賛している。英地元紙「リバプール・エコー」が伝えた。

 リバプールは昨季、プレミアリーグで歴代3位となる勝ち点「97」を記録。勝ち点「98」のマンチェスター・シティに1ポイント及ばず、あと一歩のところで悲願のプレミア制覇を逃したが、両チーム併せて勝ち点「195」と、前例にない壮絶な一騎打ちを演じ、今後“二強時代”の到来を予感させるシーズンとなった。そして、CLでは2年連続となる決勝進出を果たすと、準優勝に終わった昨季の雪辱を果たし、欧州制覇を成し遂げている。

 マネはそんな“大成功”を収めているクロップ監督について、クラブの月刊オフィシャルマガジンのインタビューで「彼がどれほどリバプールで成功してきたかを表現するのは簡単ではない」と述べ、こう続けている。

「このクラブ、この街のために彼がどんなことを成し遂げてきたのか、そして、彼の監督としてのクオリティーを誰もが分かっている。ヨーロッパには多くの良い監督がいるが、私たちの監督はチームを指揮するための正しい言葉と行うべきことを常に持っていると言えるだろう。特にチームとの関わり方についてはね」

 さらに、マネは「彼のチームへの影響力を私はいつも信頼している」とも話し、「彼は勝者であり、世界最高のマネージャーだ」と語っていた。

 今季も好調のリバプールは第12節までを終えて、ここまで負けなしの11勝1分の成績で勝ち点34。勝ち点26で並ぶ2位レスターと3位チェルシーに8ポイント差をつけており、ディフェンディングチャンピオンの王者シティには9ポイント差となっている。

 果たして、“世界最高”のクロップ監督の下で、リバプールはどのようなシーズンを見せてくれるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング