“大人”になった絶対王者バイエルンの象徴 不遇を乗り越え復権「僕はいつでも勝ちたい」

2アシストでデアクラシカーでの勝利に貢献したMFトーマス・ミュラー【写真:Getty Images】
2アシストでデアクラシカーでの勝利に貢献したMFトーマス・ミュラー【写真:Getty Images】

ドルトムント戦で2アシストと躍動したミュラー、監督交代で“地位”を取り戻す

 ドイツ語で“デア・クラシカー”と呼ばれる注目の一戦は、またしても思わぬ大差がついてしまった。現地時間9日に行われたブンデスリーガ第11節、ドルトムントをホームに迎えたバイエルン・ミュンヘンは、内容的にも相手を完全に凌駕して4-0と完勝。改めて、その底力を世界に示してみせた。

 この試合で重要な働きを見せたのが、元ドイツ代表MFトーマス・ミュラーだ。バイエルンで公式戦通算500試合目というメモリアルゲームで、30歳のアタッカーは誰よりも躍動感のあるプレーを見せ、健在ぶりをアピールした。

 今季はここまで、難しい時間を過ごしていた。ニコ・コバチ前監督はブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを優遇し、公式戦6試合連続ベンチスタートという時期もあった。報道陣からいつもミュラーについて聞かれていたコバチは、「チームが危機的状況になったら間違いなく必要になる」というコメントを出してしまったことで、一気にバイエルンファンからも選手からも反感を買ってしまう。

 ミュラーもこの時期には移籍について考えないわけにはいかないほど、苦しんでいた。それでもチームが勝利を重ねていれば、火種がそこまで大きくなることもなかったのだろうが、10月のバイエルンは結果も内容も芳しくない試合が続き、チーム内の不満は燻り続けていた。フランクフルトに1-5で敗れた試合では、とても世界有数の選手を抱えるチームのプレーとは思えないほどミスのオンパレード。首脳陣はついにブレーキを引く決意をした。コバチは退任となり、アシスタントコーチを務めていたハンシィ・フリックが暫定監督に就任することになった。

 ミュラーにとっては、ドイツ代表アシスタントコーチとして2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)でともに優勝を祝い合った、いわば盟友だ。フリックはすぐにミュラーを主軸として起用することを明言し、チームの立て直しに着手する。

 ドルトムント戦を見越して4日前のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)オリンピアコス戦をそのためのメンバーで戦い、2-0で勝利。この試合でテストすることができたからこそ、ドルトムント戦では攻守全般にわたってより明確なプレーをチームとしてすることができた。

 試合後、ミックスゾーンに充実の表情で現れたミュラーは、「自分たちのやりたいことが上手くできて、今日のような試合を4-0で勝つことができたんだから、楽しかったよ。1週間前に報道陣の前に立って話す時よりも、ずっといい気持ちで今ここにいるよ」と笑った。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング