「大阪で歴史が刻まれた」 日本の“崩壊”に海外メディアも騒然「残忍なハットトリック」

日本はベネズエラ戦の前半で大量4失点を喫した【写真:高橋学】
日本はベネズエラ戦の前半で大量4失点を喫した【写真:高橋学】

日本は前半だけでベネズエラに大量4失点

 日本代表は19日、国際親善試合でベネズエラ代表と対戦し、前半だけで大量4失点を許して0-4でハーフタイムを迎えた。海外メディアは「大阪で歴史的な圧勝が刻まれた」「残忍なハットトリック」と日本の守備崩壊ぶりに注目している。

 14日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦(2-0)から先発8人を入れ替えた日本だったが、前半に悲惨なシナリオが待ち受けていた。前半8分に左サイドの突破を許してクロスを放り込まれると、エースのFWサロモン・ロンドンが頭で叩き込んで先制点を与えてしまう。

 さらに前半30分、33分にも華麗なパスワークからロンドンにネットを揺らされ、前半だけでハットトリックを許したうえ、同38分にMFジェッフェルソン・ソテルドに追加点を奪われ、大量4失点でハーフタイムを迎えることになった。

 衝撃の展開を受け、ベネズエラメディア「Alberto News」は「大阪で歴史的な圧勝が刻まれる」と公式ツイッターで速報すると、エクアドルメディア「エル・コメルシオ」は「ロンドンが残忍なハットトリック」と見出しを打って報じている。ホームでの一戦となった日本だが、予想だにしない守備崩壊を露呈することになってしまった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド