「決めてやろうと…」 南野拓実、記録更新のW杯予選4戦連続弾に「最低限の結果を出せた」

南野は自ら得たPKを成功させた【写真:AP】
南野は自ら得たPKを成功させた【写真:AP】

W杯2次予選の敵地キルギス戦で2-0勝利、南野が口火を切るPK弾

 日本代表は14日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギスと対戦し、2-0で勝利して4連勝を飾った。W杯予選で開幕から4試合連続ゴールとなる先制PKを決めたFW南野拓実(ザルツブルク)は「最低限の結果を出せた」と試合を振り返った。

 前半41分に南野のPKで先制した日本。後半8分にはMF原口元気(ハノーファー)が直接FKから追加点を奪った。荒れたピッチの完全アウェーゲームでキルギスに何度も決定的なチャンスを許すも、GK権田修一(ポルティモネンセ)のファインセーブも光り、2-0と無失点で勝利した。
 
 南野は自らPKを奪い、成功させた先制点について「あそこのスペースにボールが来そうな感じがあったので、PKにできて良かった。(PKは)決めてやろうという気持ちでした」と振り返る。

 今年のW杯予選では出場した全ての試合でゴールを奪い、チームは4連勝。個人としても元日本代表FWの“カズ”こと三浦知良(横浜FC)の記録を塗り替える4戦連発となった。「(4勝は)最低限の結果を出せたと思うし、今日もアウェーで難しい試合だったけど勝利できてよかった」と最低限のノルマは達成したと語った。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング