キルギスの劣悪ピッチが与える影響は? サイドは警戒が必要「“沼”みたいな感じ」

ドレン・オムルザコフ・スタジアムのピッチ【写真:Football ZONE web】
ドレン・オムルザコフ・スタジアムのピッチ【写真:Football ZONE web】

天然芝ながら雑草や枯草が混じり、凹凸が散見 伊東は警戒「滑って下がめくれる」

 森保一監督率いる日本代表は14日、敵地でのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦に臨む。前日練習で初めて試合が開催されるドレン・オムルザコフ・スタジアムのピッチに立ったが、芝の剥げた箇所や凹凸も見受けられるなど、プレーへの影響も否めない。

 ここまでのアジア予選3試合のうち、2試合はアウェーゲーム。初戦のミャンマー戦は大雨でぬかるんだピッチ、10月のタジキスタン戦ではA代表の国際試合では珍しい人工芝だった。キルギス戦が行われる国立競技場のドレン・オムルザコフ・スタジアムは天然芝でこそあるが、雑草や枯草が混じり、所々に穴を埋めた跡があるなど凹凸も少なくない。

 とりわけサイドはピッチコンディションの悪さが目立つなか、スピードを生かしたドリブルを武器とするMF伊東純也(ヘンク)は“滑る”感覚を口にしている。

「滑りましたね、すごく。“沼”みたいな感じで、下がめくれる。ずるって感じのところが多かったですね。(ドリブルへの影響?)難しいところはあると思いますし、たぶん何回か滑ると思うますけど、仕方ないと思います(笑)」

日本代表MF伊東純也【写真:Football ZONE web】
日本代表MF伊東純也【写真:Football ZONE web】

 ピッチ状態は、後方からのビルドアップにも大きく影響する。センターバックのDF吉田麻也(サウサンプトン)は「想定内」だと語り、イレギュラーへの対応と“事故”が起こらないようにシュートを打たせる前に潰す必要性を説いた。

「もちろん良くはないですけど、わりとボールも転がるし、行けるかなという感じです。あとは急なバウンドの変化とかイレギュラーに対応できるように、特に自陣では細かいところでミスが起きないようにダイナミックにプレーしないといけない。なるべくキーパーが困らないように、シュートを打ちに行ける状況になる前に、良い守備で高い位置でボールを奪えるようにしたい」

日本代表DF吉田麻也【写真:Football ZONE web】
日本代表DF吉田麻也【写真:Football ZONE web】

 タジキスタン戦では人工芝の影響がビルドアップに生じ、相手の勢いも相まって何度かピンチを招いた。「相手も(条件は)一緒」(浅野拓磨)とはいえ、いかにキックオフから短時間でアジャストできるか、キルギス戦で勝利を手繰り寄せるうえで一つのポイントになりそうだ。

(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング