ペップ監督、シュート26本逆転劇を称賛 ハーフタイムに鼓舞「攻撃し続けるんだ」

マンチェスター・シティのグアルディオラ監督はチームを称賛【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティのグアルディオラ監督はチームを称賛【写真:Getty Images】

サウサンプトン戦、先制ゴールを献上するも、後半の2ゴールでシティが逆転勝利

 マンチェスター・シティは現地時間2日に行われたプレミアリーグ第11節でサウサンプトンと本拠地で対戦。先制を許すも、シュート26本を放つ猛攻で逆転し、2-1で勝利した。ペップ・グアルディオラ監督は忍耐強く戦ったチームを称賛。ハーフタイム選手たちへかけた言葉も英衛星放送局「スカイ・スポーツ」のインタビューで明かした。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合を最初に動かしたのは前節レスター・シティに0-9とプレミアワーストタイの大差で敗れたサウサンプトンだった。前半13分、スコットランド代表MFスチュアート・アームストロングのミドルシュートをGKエデルソンがキャッチしきれず、弾いたボールをイングランド代表MFジェームズ・ウォード=プラウズが押し込んだ。

 よもやの失点でビハインドを背負ったシティは、圧倒的にボールを支配して何度もチャンスを作り出すが、ゴールは奪えないまま時間が過ぎていく。ゴール前に人を集めたサウサンプトンの守備をようやく崩せたのは後半25分、エースのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが待望の同点弾をゲット。その後も攻勢を続けると、同41分にはイングランド代表DFカイル・ウォーカーが値千金の決勝点をマークし、辛くも勝利を手にした。

 グアルディオラ監督は試合を通じて素晴らしいパフォーマンスだったと選手たちを称えている。

「我々は初めから終わりまで素晴らしかった。信じられないほど多くのチャンスを作っていた。プレッシャーがあったなかで、我々は冷静さを保ち、忍耐強く戦った。チャンスがあることは分かっていた。冷静に戦い続けることが最も重要だった」

 グアルディオラ監督は諦めず、冷静にプレーを続けた選手たちを称賛した。また、0-1とビハインドの状況で迎えたハーフタイムに選手たちにかけた言葉もインタビューで明かしている。

「私はハーフタイムに彼らに、(前半のプレーを)続けろ、攻撃し続けるんだと伝えた。それが唯一の方法だ、とね。スペースはなく、ほとんど不可能な状況だったが、我々はやり遂げた。だからこそ嬉しいよ」

 苦しんだ末に手にして勝点3に指揮官も満足している様子だった。プレミアリーグ2位のシティは勝点を25に伸ばし、首位リバプールを勝点6差で追いかけている。その背中を捉えることはできるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  5. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」