「僕を信じてくれる人がいた」 宮市亮、苦難を経て達した境地「スピードも上がっている」

日本代表への憧れは失わず 「選ばれるなら今すぐにでも行きたい」

 やりすぎないように、無理をしないように――。日本代表への憧れだって無くしたわけではない。「そうですね、選ばれるなら今すぐにでも行きたいですけど」と笑う。でも、遠くを見すぎてしまうと、欲を出しすぎると、余分な力が入ってしまう自分がいる。

「長年のプロになってからの経験、特に苦しい思いをしてきたので、そういうところのコントロールはできているかなと。試合に出してもらっていると欲が出やすいんですけど、僕は欲が出すぎると空回りしてしまうタイプなので、自分ができることにフォーカスしてやっていけば、そういうことはついてくる」

 毎日を大事にしながらコンディションに気を配り、ピッチに立って全力でチームのため、自分を支えてくれるすべての人のために、宮市は走り続けている。

(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)


page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング