プレミアリーグの金字塔が数々… 英特集「破られることがないであろう10の記録」

プレミアで最も接戦を繰り広げた2011-12シーズンのマンUとマンC【写真:Getty Images】
プレミアで最も接戦を繰り広げた2011-12シーズンのマンUとマンC【写真:Getty Images】

38試合でわずか勝ち点11、07-08シーズンに「シーズン最少ポイント」ワースト記録

 1992年からスタートしてイングランド・プレミアリーグではこれまでの数多くの記録が打ち立てられてきた。そのなかでも「今後破られることはないであろう10の記録」を英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 1つ目が「タイトル獲得の最少マージン」。優勝クラブと2位クラブとの命運を分けたその差が最も小さかったシーズンが該当するもので、それが2011-12シーズンとされている。この時、優勝したのはマンチェスター・シティで、2位ユナイテッド。優勝争いが最終節までもつれ込み、両チーム勝点89で並んだなか、得失点差で「8」上回ったシティがタイトルを獲得した。ちなみに2018-19シーズンもシティが優勝したが、2位リバプールとは勝点差はわずか1差。こちらもまれに見る大接戦での決着だった。

 2つ目は「シーズン最少ポイント」。これは2007-08シーズンにダービー・カウンティが記録した11ポイントだ。38試合を戦っての成績は1勝8分29敗で、勝点と得失点差(-69)でプレミアワースト記録を打ち立ててしまった。

 3つ目は「最少勝点でのリーグ優勝」。この記録を打ち立てたのは1996-97シーズンのマンチェスター・ユナイテッドで、勝点「75」で優勝した。過去のプレミアリーグ優勝クラブの平均勝点は「86.9」で、それを10以上も下回る珍記録だ。過去3シーズンの成績に照らしてみると、16-17シーズンでは5位アーセナル、17-18シーズンでは4位リバプールと同ポイント、昨季では3位に相当する勝点となる。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】