浦和、ACL“完全アウェー”で広州の猛攻凌ぎ前半0-0 1点差の敗戦でも2年ぶり決勝進出へ

浦和レッズは猛攻凌ぎ前半0-0【写真:Getty Images】
浦和レッズは猛攻凌ぎ前半0-0【写真:Getty Images】

第1戦に2-0で勝利 敵地での第2戦は西川の好守もあり0-0で折り返す

 浦和レッズは23日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦で広州恒大(中国)とアウェーで対戦。約5万人の完全アウェーの環境で、前半を0-0で折り返した。

 初戦にホームで2-0と勝利している浦和は普段と同じ3バックシステムで、前線にはACL通算で日本人最多ゴールのFW興梠慎三のほか、初戦で弾丸ミドルを決めたFWファブリシオやMF長澤和輝を起用。ボランチにはMF阿部勇樹が入った。一方の広州は、初戦はアウェーで5バックの守備的なシステムだったが、最低2得点が必要なホームゲームでFW登録の選手4人を含む4-4-2システムで臨んだ。

 立ち上がりはそれほど広州の圧力は強くなかったが、次第に浦和は押し込まれる展開になった。そのなかで前半16分にはFWヤン・リーユーが右サイドを突破して入れた低いクロスにMFアンデルソン・タリスカが左足で合わせたが、GK西川周作がファインセーブ。続く同19分にもショートコーナーからタリスカのヘディングシュートを許したが、枠外に外れた。

 逆に浦和は同21分にゴール正面からファブリシオが強烈ミドルを放ち、同23分には左サイドのMF関根貴大の突破をきっかけに今度は阿部がゴール正面からミドルで狙ったが、いずれもGKゾン・チョンのセーブでゴールはならなかった。

 浦和の前半で最大のピンチは同38分、右サイドの浅い位置から入ったアーリークロスをゴール正面でタリスカに受けられると、反転されてそのまま西川と1対1でのシュートを許した。しかし、これはゴールポストを直撃して事なきを得て、両ゴール前を中心に激しいぶつかり合いで選手たちが倒れ込む場面もあったゲームは、0-0で前半を終了した。

 浦和は勝利か引き分けはもちろん、1点差の敗戦でも2年ぶりの決勝進出が決まる。広州まで駆けつけた約700人のサポーターとともに、集中力を保ったまま後半45分間を戦い抜きたい。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング