「エリア内で見事な動き」 浅野拓磨の“復活弾”にセルビアメディア注目「典型的ではない形で…」

約2年ぶりの代表ゴールを挙げた浅野【写真:Getty Images】
約2年ぶりの代表ゴールを挙げた浅野【写真:Getty Images】

タジキスタン戦で決めた約2年ぶりの代表ゴールは、やや“意外”なヘディングシュート

 日本代表FW浅野拓磨(パルチザン)は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦(3-0)で途中出場し、約2年ぶりの代表でのゴールを挙げた。浅野がプレーするセルビアのメディアも「エリア内で見事な動き」と注目している。

 浅野は15日にリパブリカン・セントラル・スタジアムで行われたタジキスタン戦で、2-0の後半19分からMF中島翔哉(ポルト)に代わって途中出場。そのまま左サイドハーフに入ると、同37分にDF酒井宏樹(マルセイユ)のクロスにヘディングで合わせてチーム3点目を奪った。

 ロシアW杯行きを決めた2017年8月31日の最終予選オーストラリア戦(2-0)以来、約2年ぶりのゴールを決めた浅野に、現在プレーするセルビアのメディア「BLIC」が注目。「浅野の復活:パルチザンの日本人が“典型的ではない”方法でついにゴール」と見出しを打ち、次のように報じている。

「タクマ・アサノは2年以上の時を経て、日本代表として4つ目のゴールを挙げた。W杯予選のタジキスタン戦、彼にとって典型的ではない形で決めている」

 抜群のスピードを武器とする浅野には、セルビアでもディフェンスラインの裏に走り込んでゴールを陥れるイメージがあるようだ。タジキスタン戦でもスピードを活かしたチャンスは作っていたが、実際にゴールとなったのはヘディング。その“意外性”も含めて取り上げられていた。

 ゴールシーンは「タジキスタンのペナルティーエリア内で見事な動きを見せ、正しいタイミングでヘディングを叩き込んだ」と描写されており、点取り屋としては才覚をしっかりと認められている。パルチザンに移籍した今季、まだリーグ戦ではゴールがない浅野。今回の一撃をきっかけに、左サイドのレギュラーを任されるクラブでの爆発にも期待したい。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」